■プロフィール

臣さん

Author:臣さん
◎陛下
王国の君主
コザクラインコ雄
2009年12月23日崩御
(享年約15歳7ヶ月)
肝機能の低下・毛引き、
ヘタレ毛、発作と、
最後まで頑張りました。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
左右差なし陛下
挫折を重ねている写真の集計結果ですが、

実際臣の記憶では、
陛下がどちらかの目をしきりに使ってらっしゃる感じは、
無かったようにも思います。

臣に噛み付くときでも、
たいてい正面から狙いを定めていた記憶があります。

20131029-1これは判り易いじゃろ
(これはがん見だから右目かですかね)

インコやオウムは目や足の使用頻度の左右差が大きいそうですが、
左右の機能差が大きい鳥ほど何らかの作業が上手、
と考えられているようです。

足ですか。
陛下は足の使用は下手だった気がします。
オウムさんは御上手ですよねえ。
どちらかの足の爪を念入りに御手入れしていた、
という記憶はありますが、あれは癖かな。

20131029-2これは難しいじゃろ
(これはロングですからこっちを見ているとは限らない訳で)

陛下は目も足もわりと左右差が無かったのかもしれません。
それから、
陛下は器用ではありませんでした。

うわ〜、関係あるのかなあ。
記憶を掘り起こしたあげく、
残念な結果になった気がしてなりません。

スポンサーサイト
王国の研究 | 23:30:20
大学の実習感
アルバムがようやく集計できたのですけれど。

20131019-1投票かっていう

これで何を確認していたかというと、
脳機能の左右差「偏側性」についてですよ。

種類によって異なりますが、本によりますと、
鳥さん達はおおまかに、
近距離(食べ物など)を右目で、
遠距離(捕食者・親鳥・繁殖相手など?)を左目で、
それぞれ見るように分担しているようなのです。

20131019-2なぞのメモ付き
(すみませんちょっとテレビのメモを書いてしまいました)

という訳で、
陛下が臣やカメラを注視される際に、
左右どちらの目から視線を多く向けたか数えていました。
そちらが遠距離用の目、と思っていたのですが、

機械的に数えてみたらいまいちはっきりと、
片方の目がよく向いている訳でもありませんでした。

20131019-3ますます深まる

そして、たまたまこちらに片側の顔を向けていたとしても、
実際は反対側を見ていたという事もあるのじゃないか、
という壁にぶつかってしまった訳です。
どうする自分。

大学の地学の実習で岩石の切片の成分構成が、
他の人と全然異なる数値になったとき以来のガックリです。

王国の研究 | 20:41:12
陛下っぽい四角
アルバム四冊まで集計したところで、
目ぢからだけじゃ区別がつかないんじゃん。
ということに思い至り挫折しています。

そんな時には気分転換しましょう、
そうしましょう。

20131010-1まずは基本から

セキセイインコでも作りましょう。

20131010-2それじゃ変えましょう

形が判ったら壊しましょう。

20131010-3別の袋投入〜

色が足りないな。
別の袋も投入しましょう。

頭が写ってしまいましたが、

20131010-4それなり?

陛下っぽい四角の何かができあがりましたよ。

飾ったらそれなりな感じです。
おもわず翌日から、
行きがけと帰りがけのきゅむきゅむのプロセスが増えました。

精神的安定にはよろしいんじゃないでしょうか。

20131010-5かざるとわりといい

でもね〜、
お胸のピンクが足りないんですよね。
クチバシの形ももの足りないし。

よし、こんどスカイツリーのふもとへ行きましょう。
バラを買いつけましょう。


臣の趣味ですから | 23:42:31
目ヂカラ陛下
お腹がゆるいのがおさまったら今度は咳がでます。
ぐるぐる回っている感じがします。
踏ん張れ、自分。

踏ん張りながらアカデミックなことでもしましょう。
先日買ったあの本をようやく読破いたしまして、

20131008厳正に集計

検証のため、
陛下が臣やカメラを注視される際に、
左右どちらの目から視線を多く向けたか数えています。

うん、臣をちっとも見ちゃいないお写真もだいぶあります。
検証以前に臣の写真の腕が問題な感じです。

さらに、いま、気が付いたのですが、

たまたまこちらに片目を向けていたとしても、
実はそちら側はサボっていて、
何かを注視していたのは反対側の目、
という可能性もあるわけで。

その注視の見分けはどうするんだ、という。

うぅ〜ん、よし、
目ヂカラがある時は多分こちらを見てらっしゃる。
という事でどうでしょうか。

もう何かいろいろと駄目な気が以下略。
続くんでしょうか、これ。

王国の研究 | 23:42:15
妙齢の心と秋の空
秋分過ぎたのに時々やけにぶしゅーっと暑いわぁ。

20131003-1秋は形から

陛下周りを秋っぽくしてもじんわり汗かくわぁ。
と思ったら、

友人「それは『のぼせ』じゃ!」

おお、そうでしたか。
臣さんホルモンなんとかが始まりました。
じゃこのぶしゅーっもその薬の影響ですね。

あまり気にしないでストラップでも作って気晴らししましょう。
例の小鳥ちゃんさえあれば可愛くなりまする。
なんか南米のトウモロコシみたいな色になりましたが、
収穫の秋という事でまとめましょう。

20131003-2トウモロコシっぽい色合い

でも臣さん、数年前から時々ぶしゅーっと暑かったような。
つまり薬だけが原因じゃないような。
妙齢だからってことにしたいような。

日々徒然 | 00:25:52

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。