■プロフィール

臣さん

Author:臣さん
◎陛下
王国の君主
コザクラインコ雄
2009年12月23日崩御
(享年約15歳7ヶ月)
肝機能の低下・毛引き、
ヘタレ毛、発作と、
最後まで頑張りました。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
王国年末総括
鏡餅ちまちゃんです。
お約束ですね。
ちま「季節労働みたいですよ!」

20151231-1お飾り

私事ですが、臣の一年は激動でした。

三月末に、長年勤めた会社を辞めまして、
半年間猛勉強して夏に専門学校を受験し、
合格後の三か月は自動車教習所に通って免許を取得しました。

合間にはジム通いなどして壊れた体調を上げ、
教科書等の荷物の断捨離をし、
今まで行かれなかった所へお出かけしました。

安定収入は無くなりましたが、 この一年の過ごし方は、
私には必要なモラトリアムの期間だったと思っています。

将来の見通しはまだ全然わかりませんが、
年明けから新たな進路への準備を進めて行きます。
とりあえずまだ捨て切れていない荷物や教科書があるので、
入学までの三ヶ月で断捨離を終わらせる所存です。

年明けまであと数時間、どうぞ有意義にお過ごしください。

スポンサーサイト
臣、自立への道々 | 22:52:32
思い色々三年
不合格に困惑してハンズでウロウロした結果、
クリスマスっぽい飾り付けをしてみました。

なんとなくお供え物っぽくしたくなかったし、
臣さんも食べ物にいろいろ制限をされてますので、
今年はこれを記念写真にします。
ちまちゃんも、飾りと一体化してかわゆいですよ。

20121223-1一見クリスマスっぽく

さて引越し当初と今で臣が一番変わったと思うのは、
病気の事じゃなくて、陛下との関係です。

このようにブログを書いていますから、
陛下の事を考えない日は無いのですが、
冷静に考えられるようにはなった気がします。

以前ドクターに指摘されていた、
「自分自身も陛下に依存している」状態から、
ようやく臣は脱しつつあるようです。

20121223-3エビ尻尾なしのわし

三年かかりましたが、
「思い出の濃厚な場所」から引越したのは、
臣の精神のためには良かったみたいですよ。

一時は毎晩枕元にお呼びしていた陛下の御骨も、
最近は定位置に置いておけるようになりました。

20121223-2わしがきゃわゆかった頃

実際の所、病気の事については、
陛下が亡くなった事で臣の抵抗力が弱まって、
その結果、発病まで進行しちゃったとも言えますし、
それと関係なく年齢的に発病確率は高まっただろうから、
陛下の存命中でなくて良かったとも言えます。

今は後者の気持ちがより強いです。

20091204指によりそう

今だから言えますが、
陛下の見守りを優先して夜間出勤などしていたので、
あれ以上長く看病が続いていたら、正直、
臣の心身がどこまで耐えられたかと考えると自信がありません。

色々な考えを行ったり来たりしながら、
臣は少しずつ自立して行くのでしょう。
陛下の命日が特別なイベントもなく過ぎていきます。
それでいいと思います。

臣、自立への道々 | 17:57:29
ちゅぴちゅぴ問題
20120121-1

20120121-2

20120121-3

20120121-4

20120121-5

陛下もういらっしゃらないのに呼んじゃうみたいな。
良くないような気もするんですが。


臣、自立への道々 | 16:31:23
臣さん里帰り
身体が急に空いたので何年振りかの里帰り。
陛下を心配して年末はいつも欠席していた実家です。
バスで激酔いし翌日まで寝込んでお世話に支障が出る為、
酔い止めをきこしめてフラフラ往復(実は無理すれば日帰り可能)。

更新の件など相談しつつ、結局臣より遥かに元気な両親に安心。
さすが丘陵地を徒歩で移動する健脚コンビ。
でも今からでも駅近に引っ越して欲しい臣さんです。

20100103結局ぐったりじゃん
(水浴びするかと思ったらその気なし。もっと浴びさせてあげたかった。
  発作後は水浴び後のぐったりが心配で遠慮してたなあ)

帰宅後ドリームマッチの序盤で意識を無くし(よかった録画しといて)。

本日はエアチェックしつつ未使用写真チェック。あまり残ってない。

臣、自立への道々 | 14:44:57
頑張りました
陛下が御泊まりしていただいたお陰で仕事もだいぶ進みました。
しかしもう二週間、毎日夜二時過ぎまで働きましたので、
ロングスリーパー臣はふらふらです。

20080627見切れてる


陛下も臣が夜中までごそごそしたせいで、
熟睡できてなかったと思います。
御泊まりの時に伝えた気になる症状が大量で話しながら大反省でしたよ。


臣、自立への道々 | 00:48:25
運が良いのか悪いのか
もし臣に何かついてるとしたら、
多分大ケガしない程度には助けてくれるけど、
決して甘やかしてはくれない厳しい人だと思います。

20080423さっくり

もしくはせいぜい踏んだ包丁の角度を少し変えて、
足の裏でなく足の甲に刺さる程度の操作が精一杯の、
体長十センチの先代国王かもしれません。
どっちでもいいです、ありがとう。
(先代の話はまた今度)

臣、自立への道々 | 01:03:22
王を迎えに
これから寝て起きて電車に乗ったら陛下をお迎えに行きます。
お薬の副作用もなく効いたようで本当に良かったです。

臣も最初の二日程うろたえましたけれど、
全体としては冷静に過ごせたと思います。
ただ、充実感はイマイチだったかもですが。

このようにして臣はいつか必ず訪れる、
「陛下がいない」状態に慣れるべく、
少しずつ予行演習をして行けたらと思います。

でも今は、再会が楽しみですよ陛下。

臣、自立への道々 | 01:29:43
臣、リハビリ開始
吐きそうなのをこらえて会社へ行きました。
いつもよりすごく早く来たので「どした?」と問われ、
「小鳥が入院したので朝ヒマになって…」と答えたらデザイナーが、
「え、小鳥がし…」とか言いかけたんで、
かなりえげつなく罵倒しておきました。はい。年上の人ですけど。

20080128-2ちまちゃん

ところでドクターから奪い取ったあの毛玉人形、
まだあったんですよ。
という訳でしばらく会社に一緒に行ってもらいます。



臣、自立への道々 | 23:10:10
臣、再起動
臣、結局丸一日かかって再起動しました。
やっぱり臣は今でも精神の安定を陛下に依存してますね。

病院行く道すがら、何となく入院の予感があったので覚悟はしましたが、
(陛下は見た目はいたってお元気でしたよ)
一ヶ月と言われる予想はしていなかったものです。
土曜に入院したので、土日と陛下の不在を実感しすぎました。

明日になれば平日ですから仕事に追われてそれどころじゃないですが、
夜お世話に帰らなくてもいいからって仕事に没頭するのが怖い。
バランスバランス!

臣、自立への道々 | 22:01:52
臣、フリーズ
病院から戻って五時間たちましたが、
その間こたつからほとんど出ずにじっとしてました。
これはあれですね、陛下ロス状態の軽い無気力症状ですね。

「入院じゃないですよ、お泊まりですよ」って、
ドクターも言ってくれたんですが、
今までだって臣の旅行で毎年二週間お泊まりはしてるんですが、
さすがに一ヶ月というのが後から効いてきたみたいです。

これの一番怖いのが、会社にはちゃんと行けるけど、
家に戻ると再び固まることなんです。
そしてこのブログを始める遠い理由でもあるんですが。

でもとりあえず再書き込みはできたんだし、
過去記事の写真が三点見えないのを知って慌てたりはしてるので、
今夜はとことん固まって明日再始動します。


臣、自立への道々 | 22:55:22
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。